MacとiOSデバイスの間でコピー&ペーストが可能に

by  更新

MacとiOSデバイスの間でコピー&ペーストが可能に

MacでコピーしてiOSデバイスにペースト、あるいはその逆も。新しいOSでこの操作ができるようになりました。ユニバーサルクリップボードと名付けられた機能です。

2012年以降のMacが必要

ユニバーサルクリップボードは、macOS SierraとiOS 10にアップグレードすれば使用できます。ただし、2012年以降のモデルのMacが必要です。該当モデルやシステム条件はAppleのWebページで確認してください。

ユニバーサルクリップボードを使う準備

MacとiOSデバイスで同じApple IDを使ってiCloudにサインインします。また、両方のデバイスでBluetoothを入にします。

さらに、MacとMacとiOSデバイスでHandoffを入にします。デフォルトで入になっていますが、うまく動作しなければ念のため確認しましょう。

Macでは、システム環境設定の「一般」で入にします。

「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックを付けます

▲「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックを付けます

iOSデバイスでは設定の「一般」>「Handoff」で入にします。

設定の「一般」>「Handoff」で入にします

▲設定の「一般」>「Handoff」で入にします

これで準備は完了です。

操作はシンプルなコピー&ペースト

たとえば、MacのSafariで見つけた情報をコピーします。

Macでコピー

▲Macでコピー

これをiPhoneのメモアプリにペーストします。

メモアプリで長く押し、メニューが表示されたら「ペースト」をタップ

▲メモアプリで長く押し、メニューが表示されたら「ペースト」をタップ

これでMacでコピーしたデータがペーストされます。

貼り付けられました!

▲貼り付けられました!

外出先の情報や買いたいものなどをMacで見つけ、iOSデバイスで簡単に持ち歩けますね。
ここではテキストをコピー&ペーストしましたが、画像などでもできます。また、iOSデバイスからMacへのコピー&ペーストや、Safariやメモ以外のアプリでも利用できます。

とはいえ、iCloud Driveでメモアプリを同期する設定にしておくと、Macのメモアプリでメモを作成すれば、iOSデバイスにも同期して反映されます。他のアプリでも同様です。そのときどきで、使いやすい方法を選びましょう。

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

関連タグ

記事をシェアする