人気の音楽ストリーミングサービス「Spotify」、待望の日本上陸

by  更新

Spotify

大手音楽ストリーミング配信サービスのSpotify(スポティファイ)が、2016年9月、ついに日本でのサービス開始となりました。体験したい人は、まずは招待コードのリクエストから!

11月11日 追記

招待制の期間が終了し、11月10日から一般公開が開始されました。招待コードを申請して届くのを待つことなく、アプリを起動すればすぐ利用を開始できます。

現在は招待制になっている

本稿執筆時点では、急激にユーザー数を増やすのではなく、コードを持っている人だけが登録できる招待制をとっています。
Spotifyのアプリをインストールして起動し、「招待コードをリクエスト」をタップします。

アプリから招待コードをリクエスト

▲アプリから招待コードをリクエスト

この後の画面で自分のメールアドレスを登録し、招待コードが届くのを待ちます。
メールで招待コードが届いたら、先ほどの画面で「招待コードがあります」をタップします。受け取った招待コードを入力してから、ユーザー登録をします。

Facebookアカウントか、メールアドレスでユーザー登録します

▲Facebookアカウントか、メールアドレスでユーザー登録します

これで利用開始となります。

直感的な操作で楽しめる

ここまでの登録では課金の設定をしていませんので、無料ユーザーとしての利用になります。無料で利用できる期間の制限はありません。
使い方は、直感的でわかりやすいと思います。アルバムやプレイリストをタップすると曲目のリストが表示され、シャッフル再生できます。

アルバムやプレイリストをタップ

▲アルバムやプレイリストをタップ

「シャッフルプレイ」をタップして再生します

▲「シャッフルプレイ」をタップして再生します

下部の「Browse」をタップしてジャンルや雰囲気別に探したり……

ジャンルなどでブラウズ

▲ジャンルなどでブラウズ

「Search」をタップして検索することもできます。

検索もできます

▲検索もできます

無料版での制限は?

無料版では再生中にときどきCMが入ります。また、アルバムやプレイリストはシャッフル再生しかできません。
有料版のPremiumに移行すると広告がなくなり、曲のスキップも無制限でできるほか、曲をダウンロードしてオフラインで再生することもできます。
Premiumは月額980円ですが、最初は無料で体験できます。私が確認した時点では、ブラウザでSpotifyのサイトを見ると30日間、アプリでは7日間の無料体験と表示されていました。念のため、両方を確認したほうがいいかもしれません。

どのサービスを選ぶ?

Google Play Music、Apple Music、Amazon Prime Music、Spotifyなど、さまざまなストリーミング配信サービスが出揃ってきた感があります。
私もいくつか試してみました。サービスによって提供されている曲が違うということもあり、同じようなタイトルのプレイリストでも、同じキーワードで検索しても、雰囲気はかなり異なると感じます。音楽を心地よく流しっぱなしにしたいなら、プレイリストのセンスが自分の好みや感覚と合うことも大切だと思います。
無料体験の期間などを利用して聞き比べた上で、有料サービスに移行することをお勧めします。

アプリアイコン

Spotify

対応機種 iPhone/iPad/iPod touch対応 ※iOS 7.0以降/Androidは端末により異なる
料金 無料(有料サービスあり)
販売元 Spotify © 2008-2016 Spotify Ltd.

iOSアプリをダウンロード

Androidアプリをダンロードする

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

関連タグ

記事をシェアする