iPhone 7 Plusで美しい背景ボケの写真を

by  更新

iPhone 7 Plusで美しい背景ボケの写真を

iPhone 7とiPhone 7 Plusの大きな違いが、サイズ以外にもうひとつあります。iPhone 7 Plusは、背面のカメラにレンズが2つあるのです。この2つのレンズによる「ポートレートモード」が、iOS 10.1で利用できるようになりました。

光学2倍、最大10倍で撮れるiPhone 7 Plus

iPhone 7 Plusには広角側と望遠側の2つのレンズが内蔵されていて、カメラアプリではタップするだけで光学1倍と2倍を切り換えられます。もちろんおなじみのピンチイン/アウトの操作もできますが、タップするだけで切り換えられて便利です。

下部の「×1」と書かれたところをタップすると、1倍と2倍を切り換えられます

▲下部の「×1」と書かれたところをタップすると、1倍と2倍を切り換えられます

1倍で撮影した写真です

▲1倍で撮影した写真です

同じ場所から2倍で撮影した写真です_

▲同じ場所から2倍で撮影した写真です

デジタルズームと組み合わせることで、最大10倍で撮影できます。

同じ場所から10倍で撮影した写真です

▲同じ場所から10倍で撮影した写真です

リアルタイムで背景ボケを確認しながら撮影

そしてiOS 10.1では、カメラアプリにポートレートモード(ベータ版)が追加されました。これは、2つのレンズでとらえた画像をもとに被写界深度エフェクトがかかり、ボケの効果を得ることのできる撮影モードです。操作は、スワイプして「ポートレート」モードを選択するだけです。

「ポートレート」を選択します

▲「ポートレート」を選択します

撮影される画角は、2倍と同じになります。対象物と近すぎても遠すぎても効果がうまく得られませんが、画面にそのつどメッセージが表示されるので、うまくボケるように移動してみましょう。

対象物と近すぎると「離れてください」と表示されます

▲対象物と近すぎると「離れてください」と表示されます

逆に遠すぎるときもメッセージが表示されます

▲逆に遠すぎるときもメッセージが表示されます

適切な距離になると、画面にはリアルタイムで被写界深度エフェクトがかかった状態が表示されます。

エフェクトがかかった状態を確認しながら撮影できます

▲エフェクトがかかった状態を確認しながら撮影できます

撮影した写真です。背景がボケています

▲撮影した写真です。背景がボケています

iPhoneと対象物の距離のほか、対象物と背景の距離や、対象物と背景の色によっても、結果は異なります。
また、明るさが十分でないと効果が得られません。日かげと日なた、順光気味と逆光気味などで、かなり違います。iPhoneを動かしながら、また自分が少しずつ動きながら撮影しましょう。

今後のさらなる進化に期待!

初期設定では、ポートレートモードで撮ったときに被写界深度エフェクトをかけない写真も自動で保存されるので、不自然なボケで失敗写真になってしまうことを避けるために、この設定のままにしておくとよいでしょう。

ポートレートモードで撮ったときに通常の写真も自動で保存されます

▲ポートレートモードで撮ったときに通常の写真も自動で保存されます

まだベータ版という位置づけですので、今後おそらくもっと進化して美しいポートレートを撮れるようになるでしょう。iPhone 7 Plusユーザーにとっては楽しみですし、iPhone 7 Plusをこれから購入する理由のひとつになるのではないでしょうか。

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

関連タグ

記事をシェアする