貴重な書物をいつでも、ごくわずかな費用で

by  更新

貴重な書物をいつでも、ごくわずかな費用で

国立国会図書館に所蔵されている貴重な書物を、無料、またはごく安価に、電子書籍として閲覧することができます。学生や研究者の方々の資料として役に立つでしょう。また、年末年始やお子さんの冬休みなど、時間のあるときにゆっくりと楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。

KindleでもiBooksでも利用できる

同様のサービスをAmazonのKindleとAppleのiBooksで利用できます。
Kindleでは「Kindleアーカイブ」という名称で対象となる書籍が集められています。Kindleアーカイブの説明文には「国立国会図書館(NDL)が所蔵し、Web公開されているパブリックドメイン(画像データ)の図書、雑誌をKindle版として販売」と書かれています。価格は無料、または108円のようです。Kindle Unlimited(定額読み放題)会員は無料で読めます。

Kindleアーカイブに約27,000点が集められています

▲Kindleアーカイブに約27,000点が集められています

iBooksも同様で「国立国会図書館に所蔵される貴重書をiBooksが無料で公開」と説明されています。本稿執筆時点(2016年12月)では「目で楽しむ日本の古典」という特集として集められています。

iBooksでは約7万点を利用できます

▲iBooksでは約7万点を利用できます

貴重な書物を高解像度で

入手したり読んだりしたりする方法は、通常のKindleやiBooksの電子書籍と同じです。両方のサービスで菱川師宣の『小倉百人一首』を入手し、それぞれのアプリで最大まで拡大してみました。どちらも、ほぼ同じ程度に拡大できるようです。

Kindle版の『小倉百人一首』

▲Kindle版の『小倉百人一首』

iBooks版の『小倉百人一首』

▲iBooks版の『小倉百人一首』

故スティーブ・ジョブズ氏が愛していたと言われる版画家、川瀬巴水(かわせはすい)の版画集も見つけました。iPadのRetinaディスプレイで見ていると、美しくて見入ってしまいます……。

iBooks版の『川瀬巴水版画集第1巻』

▲iBooks版の『川瀬巴水版画集第1巻』

実際に手に取るのはおそらくほぼ不可能なたくさんの貴重な書物を、24時間365日いつでも、どこからでも、手軽に見つけてダウンロードして、高品質で閲覧できる。さまざまなデジタル技術のおかげでこのようなことが実現して、ほんとうにありがたいなぁと思います。

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

記事をシェアする