Apple WatchでPokemon GOって、どんな感じ?

by  更新

Apple WatchでPokemon GOって、どんな感じ?

2016年12月のアップデートで、Pokemon GOがApple Watchに対応しました。Apple WatchのPokemon GOアプリで何ができるのか、iPhoneのアプリとどのように連携するのかをご紹介しましょう。

ポケストップから道具を手に入れる

Apple WatchでPokemon GOアプリを起動し、開始します。

Apple Watchのアプリを開始します

▲Apple Watchのアプリを開始します

近くにポケストップがあると通知されます。iPhoneのアプリと同じようにポケストップをスワイプして回すと道具を手に入れることができます。

ポケストップが見つかると通知されます

▲ポケストップが見つかると通知されます

回して道具を手に入れます

▲回して道具を手に入れます

ポケモンを捕まえることはできない

ポケモンが近くにあらわれたときは、ポケモンの種類とともに通知されます。

ポケモンがあらわれたことが通知されます

▲ポケモンがあらわれたことが通知されます

ただし、Apple Watchでポケモンを捕まえることはできません。iPhoneでアプリを表示して捕まえます。iPhoneでアプリが起動していなくてもApple Watchのアプリで通知を受けることができるのですが、ポケモンを捕まえるときはiPhoneを操作する必要があるので、iPhoneでアプリが起動していない状況はあまり現実的ではないかもしれません。

距離はアクティビティとして記録される

Apple Watchの機能で歩数と距離が記録されます。Apple Watchのアプリで孵化装置の距離を見ることができます。

距離が記録され、Apple Watchで確認できます

▲距離が記録され、Apple Watchで確認できます

タマゴが孵化したことも表示されます

▲タマゴが孵化したことも表示されます

ポケモンやポケストップの通知はオン/オフできます。通知をオフにして距離だけを伸ばしていくこともできるわけですね。

通知の設定ができます

▲通知の設定ができます

距離はApple Watchのアクティビティとして記録され、iPhoneのアクティビティアプリを起動すると確認できます。

アクティビティアプリに記録されています

▲アクティビティアプリに記録されています

バッテリーは節約できるが、アプリの通知は要注意

iPhoneでアプリを起動したままにしなくていいし、ポケストップを回すだけならiPhoneでの操作もしなくていいので、iPhoneのバッテリーは節約できます。Apple Watchのバッテリーは、Pokemon GOアプリを使わないときに比べると早く減るようです。
Pokemon GOアプリの通知をオンにしていると、Apple Watchでの動作がすべて通知されるので、Apple WatchやiPhoneの通知センターがいっぱいになってしまいます。これではメールなど肝心の通知が埋もれて見落としてしまうかも。Apple Watchアプリを使うなら、Pokemon GOアプリの通知はオフにした方がいいかもしれません。

しばらくApple Watchアプリを使っていると通知がいっぱいになります

▲しばらくApple Watchアプリを使っていると通知がいっぱいになります

さて、ここで気になるのは、同じように手元の小さなデバイスでPokemon GOをリモート操作できるPokemon GO Plus。こちらは専用のデバイスです。Pokemon GO Plusでは何ができるのか、Apple Watchのアプリとはどのように違うかを、次回紹介します。

Pokemon GO Plusとの違いは次回をお楽しみに!

▲Pokemon GO Plusとの違いは次回をお楽しみに!

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

記事をシェアする