女子におすすめのカメラは?〜自分にあったカメラでインスタ映えする写真を〜

by  更新

普段の写真はスマホでも、夏休みの旅行や、ブログやSNS映えする写真はカメラでカッコ良く撮りたいですよね。いざカメラを購入しようと思っても、自分が使いやすいカメラはどれなのか、迷ってしまう人も多いはず。

2018年3月1日~4日にかけて、パシフィコ横浜で開催された国内最大級のカメラと写真映像の展示会「CP+(シーピープラス)2018」での取材をもとに、新しくカメラ購入を考えている女子におすすめしたい新機種やサービスをレポートします。

本格的な撮影も手軽に楽しめる人気ミラーレス一眼カメラ

カメラの中に鏡(ミラー)があり光学ファインダーを通してリアルタイムに被写体をとらえるのが一眼レフカメラ。これに対して、レンズがとらえた景色を映像に変換してモニターに映し出すのがミラーレスカメラです。ミラーがない分コンパクトで持ち運びやすく、ある意味女性向きとも言えそう。

そんな中、キャノンから EOS Kissシリーズ初のミラーレス一眼カメラ「EOS Kiss M」が誕生しました。体験コーナーで実際に触ってみたところ今までのEOS Kissシリーズに比べても軽い! これまで以上に気軽に持ち歩けそうです(本体重量約390g)。

性能ももちろん充実。大型センサーと新映像エンジンDIGIC 8の搭載によりさらに画質が向上しています。最高約7.4コマ/秒の連写ができ(AF追従時)、ひっきりなしに動く小さなお子さんの自然な表情を逃さず撮影できそう。使いやすさには定評のあるEOS kissシリーズ、スマホよりもう1ランク上の写真を撮りたいけれど難しい操作はニガテという方にもおすすめのカメラです。(キャノンオンラインショップにてボディのみ価格73,500円(税抜))。

▲ビジュアルガイドやオートモードなど初心者に分かりやすい機能も充実

▲ビジュアルガイドやオートモードなど初心者に分かりやすい機能も充実

インスタ女子がおしゃれに持ち歩けるカメラとして人気のオリンパスPENシリーズからは「E-PL9」が登場。革調素材のおしゃれな外観デザインやアクセサリーの豊富さもさることながら使いやすさも〇。16種類のアートフィルターが内蔵されており、撮影しながらアート作品に仕上げることができます。EL-9ではインスタントカメラのような風合いを実現する「ネオノスタルジー」を新たに追加。なにげなく撮った1枚が手軽にアートな作品になるとなんだかうれしくなりますよね。さらに、これまでプロのテクニックが必要だった2枚の写真の合成(多重露出)も簡単な操作ででき、個性あふれるクリエイティブな写真を仕上げることができます。(オリンパスオンラインショップでのボディ価格73,440円)

▲モニター部分が手前に開くので真上からフードや小物を撮影するときにも便利

▲モニター部分が手前に開くので真上からフードや小物を撮影するときにも便利

会場の中でひときわ注目を集めていたのがソニーの人気ミラーレス一眼「α7III」です。ベーシックモデルとはいえ、有効約2420万画素新開発35㎜フルサイズ裏面照射型CMOSセンサーと画像エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)を搭載し、前作のα7IIと比べ約1.5倍画質が向上しています。ボディのみの販売価格は229,880円~(税抜、ソニーストアで先行予約受付中)となかなか手が出にくいですが、進化した瞳AF(瞳を自動で検出してピントを調整する)や広範囲・高密度のAFセンサーによる検出精度の向上などαファンには待望の登場といえそうです。

▲スタイリッシュな外観にも注目が。体験ブースは常に長蛇の列ができるほどの人気ぶりでした

▲スタイリッシュな外観にも注目が。体験ブースは常に長蛇の列ができるほどの人気ぶりでした

インスタ女子注目! 写真生活を楽しくするサービスがいろいろ

ワンショットで360度をまるごと撮影できるのがリコーの360°カメラ「THETA(シータ)」。旅先の雄大な景色やキラキラ輝くイルミネーションの夜景を一部だけでなく、360度左右上下ぐるりと収め、臨場感あふれる写真や動画を楽しめます。

▲手のひらサイズのTHETA。リモート機能を使ってスマホでシャッターを切ることも可能

▲手のひらサイズのTHETA。リモート機能を使ってスマホでシャッターを切ることも可能

▲THETAの360度画像、Instagramで目にしたことがある方も多いのでは?

▲THETAの360度画像、Instagramで目にしたことがある方も多いのでは?

THETAには前後に超広角レンズ(魚眼レンズ)がついているので撮影者がわざわざカメラを回す必要がなく、シャッターボタンを押すだけでOK。スマホへの転送やInstagram、YouTubeへの投稿もカンタンなのでインスタ女子に新しい世界を広げてくれそうです。

ところで日頃Instagramを使っているせいか、記者も正方形サイズで写真を撮ることが多くなりました。正方形サイズのまま写真をプリントしたい時ってありませんか? そんな時に便利なサービスが富士フィルムの「ましかくプリント」です。

▲会場では自分のスマホで撮った写真を実際にプリントしてもらえる実演コーナーが

▲会場では自分のスマホで撮った写真を実際にプリントしてもらえる実演コーナーが

記者もプリント体験してみました。

▲写真をトリミングしたり可愛いスタンプを入れるのもプリクラ感覚で簡単

▲写真をトリミングしたり可愛いスタンプを入れるのもプリクラ感覚で簡単

また、貼ってはがせるフォトパネルやフォトカレンダーなど、写真を使って気軽にお部屋を模様替えできるアイデアも数多く展示されていました。

▲会場にはさまざまな分野で活躍する写真女子とコラボしたフォトパネルが飾られ、さながらギャラリーのよう

▲会場にはさまざまな分野で活躍する写真女子とコラボしたフォトパネルが飾られ、さながらギャラリーのよう

最新のカメラやサービスを活用することで、これからのフォトライフがさらに楽しくなりそうです!

この記事を書いた人

倉井美穂
倉井美穂Miho Kurai
Happyデジタルのアプリレビュー、取材記事執筆を担当。神奈川県在住。
家電、パソコンの取扱説明書制作ライター&編集に携わった後、消費生活アドバイザー/ライターとして商品テスト、メルマガ&インタビュー記事執筆など多方面で活動中。趣味はカフェや書店、ブックカフェめぐり、ハンドメイド、読書、着物。二児の母として家事に育児に仕事に奔走中。 [ブログ][Facebook]

関連タグ

記事をシェアする