実務に役立つ! つまづきポイントを押さえた「Zoom」の使い方シリーズ
【4 実践編2:Zoom会議中にあわてない! 失敗例から学ぶオンライン会議中の注意ポイント】

実務に役立つ! つまづきポイントを押さえた「Zoom」の使い方シリーズ <br>【4 実践編2:Zoom会議中にあわてない! 失敗例から学ぶオンライン会議中の注意ポイント】
by 西村 麻里子(Mariko Nishimura) 公開日:2021/08/11 / 最終更新日:2021/08/12

私がZoom会議を主催した際の失敗と知っておくと便利な機能を紹介します。Zoom会議が始まってから、あわてた事はありませんか? 私の失敗から会議中のポイントをまとめました。 

ミーティング中に私語が入ってしまった! 

特に途中からZoom会議に参加する方は、音がマイクオンになっていることに気づかず参加する場合が多く、独り言、家族との会話、テレビの音、屋外の音などを拾います。あらかじめ参加者全員のマイクを一斉ミュートにしておくと途中で妨げられることなく会議を進行できます。 

【設定方法】 

① Zoomホーム画面「スケジュール」をクリック。→「ミーティングをスケジュールする」画面が表示されます。 
② 画面下部の「詳細オプション」から「エントリー時に参加者をミュート」をクリック。 
*個別に参加者をミュートしたい場合は、Zoom会議開始後に画面下の「参加者」をクリック、参加者一覧から対象者を選んで「ミュート」をクリック。 

事前に参加者にミュートのお願いができる場合は、参加者に以下を依頼します。 

① Zoom設定画面から「オーディオ」をクリック。 
② 「ミーティングの参加時にマイクをミュートに設定」をチェックする。 

ホストとしての進行で手一杯で参加者管理ができない! 

ホスト機能を複数ユーザーと共有する方法があります。共同ホストになると参加者の管理、録画の開始/停止が可能です。ホストは、ミーティング中に共同ホストを割り当てる必要があります。 

【設定方法】 

① Zoomミーティング中にホーム画面「参加者」アイコンをクリック。 
② 参加者一覧から共同ホストにしたい参加者の名前にカーソルを置き、「詳細∨」をクリック。 
③ 「共同ホストにする」をクリック。 

ハウリングしてしまった! 

話し手以外の参加者が使っているPCのマイクとスピーカーをOFFにしてもらいます。 

画面共有中にこんな失敗が… 

  • 共有画面にしたら自分のPCのデスクトップ画面にある個人情報が映り込んでしまった! 
    あらかじめデスクトップ画面を整理しておきましょう。 
  • 画面共有しながら文字入力をしたら、予測変換が働き過去の文字入力が表示されてしまった! 
    Windowsの場合:IMEアイコンから予測変換候補非表示にしておきましょう。 
  • Webブラウザを画面共有にしたらブックマークバーが表示されていて個人の趣味で入れていたブックマークが表示されてしまった! 
    Google Chromeの場合: 「ブックマークバー」を右クリック、「ブックマークバーを表示」のチェックを外しておきましょう。 

次回「5 実践編3:主催者として参加者の反応を知る、発言を促す4つのポイント」はこちら。 

お役立ち情報カテゴリの最新記事